本文へスキップ

     全国唯一産婆・乳母の祖神さま

電話でのお問い合わせTEL.089-984-8212

御祈願・御祈祷について

〜全国唯一、産婆・乳母の御祖神を奉斎する高忍日賣神社〜

温泉イメージ

高忍日賣神社では、大神さまの御前にてお参りいただく「御祈願」と遠隔地等の理由でお参りが叶わない方の「御祈祷」とがあります。
全国唯一の産婆・乳母の御祖神である大神さまをお祀りする当社へぜひお参りいただき、広大無辺な御神徳をお受けください。

〜高忍日賣神社の安産祈願〜
 我が国には、古くから戌(いぬ)の日にお祝いをして腹帯を着けるという慣わしがあります。犬は多産で子どもをしっかり育てるところから、それにあやかって戌の日に母子の健勝と安産とを神様にお祈りするようになったとされています。当社の御祭神の神話にちなんで、皇室をはじめ多くの人びとの崇敬を集めています。また、助産師の方がたからも御祖神として崇められ、毎年3月8日「母子と助産師の日」には全国津々浦々裏の助産師が一堂に会します。

〜初宮詣について〜
高忍日賣大神は、子育ての神さまとしても古来信仰されてきました。生後一ヶ月ほど経ちましたら、吉日を選んでお参りします。お子様の健やかな成長をお祈りします。
〜神前結婚式について〜
「縁結びの神」として有名な高忍日賣大神は、良い縁を結んで夫婦円満のご加護を与えてくださいます。当社境内の「連理の枝」のように良縁を結んでくださることでしょう。

社頭における「御祈願」について

夕食イメージ 昇殿参拝での厄除け、車祓い等各種の御祈願を承っております。大安や友引、また戌の日は、御祈願が混み合うことがありますので、ご予約はお早めにお願いします。
  →各種「御祈願」のご案内はこちら


当社秘伝の「御祈祷(御祈念)」について

夕食イメージ特に遠方の方や事情があって直接お参りできない方が多く受けられております。
御祈祷は、潔斎・参籠した神職が約7日間をかけて御祈祷所にて、大神さまに御祈念申し上げながら奉製した御神札をお授けして、自宅の神棚や病室の枕元などにお祀りし、大神さまの御神徳によって守護していただくものです。
お願い事が成就するまで毎朝ご神前にて神職がお祈りいたします。
安産・病気平癒・厄除け・家内安全など承っておりますが、特に安産の御祈祷は古来皇室御産婆の崇敬篤く、ご懐妊の折には必ず当社神職がご奉仕申し上げました。
無事にご出産されましたら、お礼参り(初宮詣)をして大神さまにご報告いたします。

団体祈願について

当社神職が出向いて地鎮祭や新宅祭等の祭典を執り行っております。
業務安全や商売繁昌などの他、芸能・武道などの団体の隆昌、正式参拝など、随時受け付けております。事前に早めのご予約をお願いいたします。


出張祭典について

館内施設イメージ

当社神職が出向いて地鎮祭や新宅祭等の祭典を執り行っております。
大安等の吉日は混み合うことも予想されますので、お早めにお問い合わせ下さい。
・地鎮祭(起工式)
 その土地の神様に末永く家を守っていただくために、家を建てる前に行うお祭りで、大変重要なお祭です。
・新宅祭(竣工祭)
 家が完成した際に、家を隅々までお祓いし、邪気を取り除き、清々しい気持ちで新しい家の生活を送れるように祈念するお祭です。このとき神棚も新しくして神様をお迎えし、これ以後、家や家族を守っていただくのです。
・安全祈願祭
会社の事務所や工場等の安全操業をお祈りします。
 →各種「出張祭典」のご案内はこちら

各種「御祈願」のご案内

縁結び祈願

良縁を求める方におすすめ。大神さまのご加護により、男女の縁だけでなく、さまざまな縁を良縁へとお導きくださいます。
          

子授け祈願

高忍日賣大神さまの広大無辺な慈愛のもと、お子様が授かりますようにご祈願申し上げます。
          


安産祈願

夕食イメージ 全国唯一の産婆の祖神である高忍日賣大神のお力により、安産へと導いてくださいます。
戌(いぬ)の日にお参りされる方は多くいらっしゃいますが、ご都合のよい吉日にお参りいただいてもお受けいたします。お参りの際、腹帯をお持ちください。お供えの後、お渡しいたします。

初宮詣(お宮参り)

夕食イメージ神さまのご加護によって無事に出産を終えたことの奉告と、子供の健康と成長そして今後のご加護を願い、初めて赤ちゃんとともに神社に参拝することを「初宮詣(お宮参り)」といいます。一般的に男の子は三十一日目、女の子は三十三日目に行われていますが、まず赤ちゃんの健康を第一にご都合のよろしい吉日にお参りください。当社では初宮詣をされた方にお守りや記念品とともに「お食い初めセット」をお渡ししております。
古来皇室の「子育て大明神」としても崇敬される当社にお参りください。


七五三まいり

七五三は幼児の年祝で、わが国の伝統的な習俗です。神社に参詣し、今日までの無事成育を神様に感謝し、さらによりよく健康に無事に成長して、りっぱな大人になるように祈願します。
この行事については、3歳の男女の場合は髪置(かみおき)といって、頭髪を伸ばし始めることを、5歳の男児の場合は袴着(はかまぎ)といって初めて袴を着用することを、7歳の女児の場合は帯直(帯解、おびとき)といって幼児用の紐を解き大人と同じ帯を用いることを表し、子どもの成長を社会的に認知するために行われてきた通過儀礼を起源としています。
七五三を行う日は、一般的に11月15日とされますが、仕事の都合などで他の日にお参りする方も多くなっています。
                        
                   →今年の七五三まいりについてはこちら


厄除け祈願 三年厄ぬけまいり

日本には古来人生の節目を「厄年」として忌み慎む習慣があります。
厄年とは一生のうち何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、医学の発達した現代においてもなお万事に慎まねばならない年齢として知られています。

     
高忍日賣神社の厄除祈願では、神事の中で「厄ぬけの大輪」をくぐり、お祓いと厄除けを祈願致します。
また、祈願後には、ご祭神が蟹を払い除け、厄災から救ったという神話にちなんだ柄のお守りをはじめ、お札、絵馬等を授与致します。
厄除祈願は、年明けから節分にかけてされる方が多く、特に節分に合わせて御祈願を受ける方が多いようです。
平成29年、厄年に該当の方は下表の通りです。厄除祈願をご希望の方はお早めにご予約下さい。




前 厄

本 厄

後 厄

24
平成6年生
いぬ

25
平成5年生
とり

26
平成4年生
さる

41
昭和52年生
へび

42
昭和51年生
たつ

43
昭和50年生
うさぎ

60
昭和33年生
いぬ

61
昭和32年生
とり

62
昭和31年生
さる




前 厄

本 厄

後 厄

18
平成12年生
たつ

19
平成11年生
うさぎ

20
平成10年生
とら

32
昭和61年生
とら

33
昭和60年生
うし

34
昭和59年生
ねずみ

60
昭和33年生
いぬ

61
昭和32年生
とり

62
昭和31年生
さる

神前結婚式

お二人のご縁を結んでくださった大神さまに結婚を奉告し、末永い幸せと繁栄をお祈夕食イメージりします。
当社の結婚式は当社オリジナルのもので、挙式された方々から大変ご好評いただいております
お二人だけの結婚式から、ご家族・お友達が大勢参列されるお式まで、お気軽にご相談ください。
予約は随時承っております。


子育て祈願

夕食イメージ古来貴人の養育を担った乳母の祖神として仰がれ、「子育ての神さま」としても霊験あらたかな当社にてお参りいただくことにより、育児のお悩みやお子様が無事で心身ともにお健やかであることをご祈願して大神さまのご加護をいただきます。


このページの先頭へ


店舗写真

information店舗情報

高忍日賣神社

〒791-3163
愛媛県伊予郡松前町徳丸387
TEL.089-984-8212
FAX.089-989-5438
社務時間 09:00〜16:00
→アクセス

参拝日の参考にご覧ください
今月の吉日
戌の日早見表